【三年で】ダイエットに失敗しまくり&リバウンド続きだった40代の私が成功した方法!まずは〇〇を大切にしよう!!【-30㎏以上減】

マインドコーチングダイエット
mohamed_hassan / Pixabay
この記事は約14分で読めます。

こんにちは。

元97㎏からアラフォーで-30㎏以上痩せた
ストレスフリーマインドダイエットコーチのほうりです。

2020年5月にマインドコーチングを知り、

その時期に配属された派遣先の立地条件がどう考えても痩せなきゃおかしい場所だったのがきっかけで

ダイエットを始めました。

物心ついた時から標準体重以上あり、過去最高体重は97㎏(164㎝)を更新し、

何十年も散々痩せないのかと周りから指摘されるくらい太っていた私。

しかし…

ダイエットする

ちょこっと痩せる


もう少し頑張ろう

痩せない

何で!?

やけ食い

リバウンド

ヤバイ/(^0^)\

以下魔の無限ループ(数十年)


というお約束な展開を何度も経験しました。


そんな私がなぜ改めてダイエットを始めようと思えたのか。


それは先述した通り、マインドコーチングを知り実践し始めたからです。

先程もさらっと書きましたが、

丁度いい具合に勤務先の最寄り駅から現場までの距離が格段に増えたのと、

ラインとピッキング作業で立ちっぱなし+半日歩きっぱなしの仕事内容だったので

どうせなら、過去最高に痩せていた高校時代(164㎝/62kg)の体重をゴール設定してダイエット開始。


すると…

一カ月で5㎏減

二カ月で6㎏減

一年後には-17kgの減量に成功!!

三年経った2023年5月現在、-34Kgの減量を達成することが出来ました。



さらに2022年9月からカーブスに通って筋トレを始めたり

ダイエットインストラクターを始め、様々な資格を取ったりと

とにかく毎日がやる気に満ち溢れています。



マインドコーチングに出会ってから、これを人生最後のダイエットにしようと挑戦して分かったこと。

ダイエットとマインドコーチングってとても密接なかかわりがあるのだなと現在実感しています。

私がマインドコーチングを始めるきっかけになった森昇さんのブログで、ダイエットを例にした内容がいくつかアップされているのをご紹介します。

たとえば、ダイエット。

「甘いものを食べ過ぎたら太るから減らさないといけない」ことは頭では理解できているけど、今までずっと甘いものを食べていたから、「気合い」や「根性」でやめても上手かないどころかリバウンドしますよね?

なぜなら、あなたの無意識は「ダイエットをしないで甘いものを食べてる自分」にリアリティを持っているからです。

引用元:三日坊主になる2つの原因と正しい克服方法まとめ。コーチングを使って出来る自分になろう!

太っている人は、食べることが好きなわけですが、痩せたいと思っていても太っていることがコンフォートゾーンであれば、やりたいことは食べることなわけです。

引用元:知らないことや判らないことがあるのは幸福だと改めて思いました。現に私は今物凄くワクワクしています【セルフトークZeroToOne感想】

例えばダイエット。

「そもそもダイエットをしたくない」と思ってるのに「10Kgダイエットをする」というゴールを設定したとします。

「やせて健康的な体を手に入れてとても嬉しい」

「ダイエットに挑戦してる自分は偉い」

とセルフトークをマネジメントしても、「いやいや、別に痩せたいと思ってないし」と心の中で思ってたら、僕たちは心の中で思ってることを優先するという事です。

引用元:【驚愕】セルフトークを変えても良いイメージが持てない原因と解決策

例えば、僕の元でマインドコーチングを学んだ人の話ですが、

今まで頑張っても痩せられないどころかぶくぶく太っていた人でしたが、

1年で20kg痩せて、
食事制限とか筋トレせずに今でも維持し続けていますが、

彼女がやったことと言えば

自分があるべき状態(コンフォートゾーン)を、
太っている自分から痩せている自分に変えたことです。

痩せた体型、体重が自分らしいので、

自然と食欲も抑えられたり、
運動量が維持できる習慣を身につけたりして、

ダイエット特有のきつさを感じず痩せてしまいました。

これも現状のコンフォートゾーンから抜け出した結果です。

引用元:【体験談】自分の責任から目を逸らす為に現状を変えず過去や他人や状況のせいにする状態を維持するマインドセットがビジネス活動を妨げる原因だと気づけました【ビジネスコンサル感想】

らに書かれていることは紛れもなく事実です。

まだまだダイエットを例にした記事はあるのですが、

そのどれもがダイエットを成功させたからこそ同意できる物ばかりでした。



では、具体的にダイエットとセルフコーチングに共通することとは何なのか?

ダイエットの成功に欠かせない思考とはどんなものなのか?

以下からそのことについて、私の体験談を交えてまとめてみました。

ダイエットとセルフコーチングの成功する共通点①ゴール側の自分にリアリティを持つこと

z0man / Pixabay

今までの自分を変えたいのならば、現状の外にゴールを設定するのがセルフコーチングの大前提になります。

これは、多くのコーチングに関するブログや書籍でも繰り返し書かれていることです。

脳は良いことも悪いことも関係なく、リアリティがある方を現状と捉えます。


加えて現状を維持するためには手段を択ばないという、

まるで働かずに済むためには努力を惜しまないプロニートのようなやつです。



そんなプロニート相手に現状で叶う範囲にゴールを設定してしまうと、


脳

それなら現状維持でいいんじゃね?



と判断し、結局何も変わらないという所謂無限ループに陥ります。

冒頭で私が書いた魔の無限ループ(数十年)は、

正に脳が「変わらなくてもいいんじゃね?むしろ変わるな」

と現状維持を選んだという事に外なりません。

ダイエットするにもゴールは定めず、

ただ痩せればいいとしか漠然と思っていなかったのですから、

そりゃ脳だって現状維持を選ぶのも無理はありません。

一念発起して「〇月までに10㎏痩せる!」

と現状の自分から抜け出す目標だけを立てても、

プロニートの手にかかればそんな面倒なことは御免だと言わんばかりに、

痩せることを諦めさせようとしてきます。

ダイエットを成功させる秘訣は、ダイエットに成功”した”自分で常にいること

じゃあダイエットをどうやったら成功させるのか。

例えばあなたが10㎏痩せたい場合。



『既に10㎏減に成功した自分』を基準にして今を眺めることです。



暗黒時代の私
暗黒時代の私

10㎏減量に成功した私なら、こんなに無駄なお菓子を買い込んでいない


暗黒時代の私
暗黒時代の私

10㎏減量に成功した私なら、ダラダラとお腹がいっぱいになっても詰め込むような食べ方はしない


暗黒時代の私
暗黒時代の私

10㎏減量に成功した私なら、ウォーキングがてらに30分かけて通退勤する


等々

そんな風にゴール側の自分を基準にしていくと、

プロニートという名の脳は

脳

あれ?こっちの方がリアリティがあるぞ??



とそちらの方に騙されてくれます。

そして10㎏減量に成功していない今の自分に対して

脳

ゴルァ!さっさと10㎏減量に成功した自分に戻らんかい!!



と、リアリティのある世界と現実との間で生じた違和感をバットにしてケツを叩いてきます。

そうした違和感をどうにか埋めようと発生するのがモチベーションです。

『何が何でも10㎏痩せてやる!』と言ったモチベーションが湧き上がり、

結果的に10㎏痩せるために必要な情報や行動を自分自身で取捨て出来るようになります。

実際、今までの私は

暗黒時代の私
暗黒時代の私

階段?エスカレーターやエレベーターがあるのに?


暗黒時代の私
暗黒時代の私

カロリー計算?かったるい


暗黒時代の私
暗黒時代の私

食事制限?食べるのが好きな私に飢えて死ねって言うのか!?


暗黒時代の私
暗黒時代の私

自分が降りる駅よりも前に降りて1~2駅分を歩く?乗車賃も時間も勿体ない


と難癖をつけてやりませんでした。

それが今ではすっかりゴール側の痩せた自分がリアリティとなり、生活パターンも大幅に変わりました。

ほうり
ほうり

エレベーター?エスカレーター?階段があるじゃん



ほうり
ほうり

あすけんのダイエットアプリサイコー!カロリー計算出来て運動量も測れるとかネ申アプリ!!

ていうか未来先生可愛い!!!


ほうり
ほうり

よし!いつもは3駅分歩いてるけど、今日は5駅分歩いて行こう!


ほうり
ほうり

往復1時間なら自転車の方が断然早い。電車、バスは最終手段だ。



といった具合です。

しかしそのことに対して全く苦痛はありません。



むしろ常に「みwなwぎwっwてwきwたw」状態です。

ゴール側の自分にリアリティを持たせることが如何にダイエットにとって重要か、

私は身をもって体験しましたし、2023年6月現在も体感中です。

ダイエットとセルフコーチングの成功する共通点②他人軸ではなく自分軸

photojone / Pixabay

セルフコーチングは自分の心に蓋をしないで、

隠された本音を掘り起こすところから始まります。

そして自分を変えるための

セルフイメージ

セルフトーク

アファメーションなどを行っていきますが、

そこに他人が入る余地は一切ありません。



あくまでも自分が本当にやりたいこと、

自分が何故そう感じたのかをひたすら掘り下げていく作業になるので、

必然的に自分軸になるのです。



今回のことを例に挙げると

何故10㎏痩せたいのか?

痩せて服をサイズダウンしたい

何故サイズダウンをしたいのか?

おしゃれな服が大きいサイズにはないから

何故おしゃれな服を着たいのか?

もともとパンクやゴスロリファッション大好きなんだけど、太っているから似合わないといつの間にか諦めちゃって…

何故~~~

何故~~~~

と、ひたすら「何故」を繰り返していきます。

それはとことん自分に向き合う作業であり、

なりたい自分にこれから変わっていくために必要なプロセスです。

ダイエットも正に今の自分と向き合いながら

どう変わりたいのかを自問自答していく必要があり、

それによって今の自分よりももっと良くなっていく結果を出すのがセルフコーチングと共通しています。

他人にどう見られるよりも自分がどうなりたいかがダイエットを成功させるコツ

ちなみにセルフコーチングを行う際、

とにかく”自分がどうなりたいのか”にフォーカスしていくことになります。

”他人からどう思われたいのか”に軸を置いてしまうと、

やりたくもないことをやらなければならないと思い込んでしまい、

今の状態よりもしんどくなりがちです。



決して自分の本音には蓋をせず、

今自分が本当にやりたいことが何なのかを丁寧に掬い上げて、

メモを取ったりパソコンやスマホに打ち込むなりして

意識に上げて行くのが何よりも大事です。

ダイエットもそれと同じで、

”誰の目から見ても痩せてキレイだと思われなくちゃならない”

と思いこんでしまうと、

無茶な食事制限や運動を繰り返し、

自分を追い詰めてしまい、リバウンドするリスクはグッと上がります。

私がダイエットに成功したかった本音は、

『痩せれば自分にとってたくさんのメリットを受け取ることができるから』

というものです。



以下、私のセルフトークノートから抜粋したメリットです。

  • お尻を付けて正座が出来る

  • 仰向けに寝て、両膝を持ち上げて手を回すことが出来る

  • お腹の肉がつっかえないから足の爪切りも楽になる

  • 脂肪が減っていくので、注射や点滴の時も血管が見えやすいので針が一発で通る

  • 洋服のサイズもダウンするので欲しいサイズが難なく手に入る

  • 前屈した時に床に指先が付く

  • 大をした時、お尻を後ろから拭けるようになる

  • 和式のトイレもお尻がはみ出ず、きちんとしゃがめて用を足せる


これ、太っている人あるあるなんですけども、

そうでない人から見ると

「え?それがメリットで続ける本音なの?」

と首を傾げると思います。



でもこれがかつての私が

ダイエットを成功させたいと思う心からの本音で、

譲れないほどの最大のメリットでした。




現に上記のことが出来るようになり、

その都度その都度ゴールを更新していく活力になっています。

ダイエットの目標は他人の目から見てくだらなくても、

自分にとって重要なものであることが一番大事です。

どうか自分に嘘をつかず、

自分だけの本音の目標をあぶり出して、

それをゴールに設定して、とことん達成したイメージを繰り返してください。

ダイエットとセルフコーチングの成功する共通点③ゴール達成だけにこだわらない

athree23 / Pixabay

先述した通り、セルフコーチングで重要になるのは、

今の自分の現状よりも外にゴール設定をすることです。

人は慣れ親しんだ現在の環境で

達成できるゴールを立ててしまうと、

サボりの天才である脳に言い包められてしまいます。

脳

やめとけやめとけ。今のまんまでいいよ


そのため到底今の自分では

手の届かない範疇の外にゴールを設定するのが

基本中の基本になります。

ですがその間、

わき目も降らないでゴール達成のために邁進できるかというと

そうではありません。



そこで重要になってくるのが、

ゴールを達成する合間に自分にかける言葉選び(セルフトーク)です。

ゴール設定は59㎏。でもそこに固執はしない

実際私は34㎏痩せることが出来ましたが、

それで『はいおしまい』にすると

脳は生き甲斐を失ってしまい

何としてでもゴールを達成させまいとするため

様々な分野にカジュアルにゴールを更新することを推奨されています。

なので最終的な目標は、

更に体重を落とした59kgになることです。



でもこのゴール設定だけでは、

何が何でも59㎏まで落とすんだ!と

目先の数字に躍起になり、無茶な減量に繋がりかねません。

毎日血眼で体重計に乗り、0.1㎏や0.2㎏の増減に一喜一憂して、激しい運動+極端な食事制限に走る。

それでも体重は思うように減らない。

結果、やっぱり自分には無理なんだと自棄になるように脳が働き、リバウンドを起こす。



そんな人生を送るのはもうまっぴらです。



なので私は、理想の自分の体形に戻るというゴールの間にこういうセルフトークを心掛けています。


ほうり
ほうり

いちいち数値に振り回されない


ほうり
ほうり

短期間で結果を求めない


ほうり
ほうり

運動を習慣化するために、一日一歩、三日で三歩進むくらいで丁度いい


ほうり
ほうり

体重が思うように落ちなかったからと言って自分を責めなくてもいい


ほうり
ほうり

むしろ継続している自分マジで偉い!すごいよ!!自褒め上等!!



ダイエットは自分との闘いとも言われますが、

使うセルフトークで次第で

いくらでもイージーモードにすることが可能です。

そうすることによって、

自分は頑張ることが出来るのだというエフィカシーが高まり、

ダイエットにも意欲的に取り組むことが出来ます。

ダイエットとセルフコーチングの成功する共通点④やらなくちゃではなく、やりたい、やろうのセルフトーク

人は”やらなくちゃ”という気持ちで知識を得ようとしても、

身に付かない生き物です。



例えを挙げると

学生時代に教わった数学の方程式

証明問題の解き方は覚えていますか?

私は高校卒業と同時に全部忘れました(笑)

逆に”勉強したいから学ぼう”とやる気を出して取り組んだものは、

年月が経っても色褪せません。

マインドコーチングはまさにその筆頭であり、

その他にも二次創作のための最低限のルールやマナー

文章の書き方

一からサイトを作る知識

等、今もきちんと覚えています。

変わらなくちゃと思っているうちは人は変わることができない。



とある作品で目にした言葉ですが、

これはまさにダイエットにもマインドコーチングにも当てはまります。

××しなくちゃ(Have to)よりも、〇〇していい・○○をやりたい(Want to)

やらなくちゃいけないというのは

Have toマインドと呼ばれています。



言ってみれば

『周囲に太ってるから痩せろと言われたから変わらないといけない』

という気持ちで始めたダイエットは十中八九成功しませんし、

仮に痩せたとしても健康面などは度外視しているので不健康そうにしか見えない。

そしてやりたくないことを無理にやった反動として

リバウンドで更に太るという

不毛な結末が待っているというだけでなにも良いことはありません。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットに成功するためには、

まずセルフコーチングの原点であるゴール側の自分を想定して行動するのが大前提です。

ダイエットをすると必ずと言っていいほど振り回される

体重や体脂肪などの数字はあくまでも痩せるための通過点であり、

そこに一喜一憂して投げやりにならないというセルフトークは非常に大切です。

ダイエットに限らず物事をやり遂げるのに必要なのは、

気合でも根性でもなくマインドです。

ほうり
ほうり

他人のためではなく、自分が痩せたいから痩せる


ほうり
ほうり

痩せたら自分にとってこんなにもメリットがある


それらを噛んで含めてセルフトークを繰り返すのが

ダイエットを継続させる最初の一歩です。

まずは理想の体型になった自分なら

どう考えどう行動してどんな言動をしているか?

常にイメージをし続けるところから始めてみましょう。

そうすると自ずと今の自分に

何とも言えない違和感と居心地の悪さを覚え、

ゴール側の自分にとって必要なものを自然と取捨てするようになります。



私はこれからも

無理をしないで痩せた自分の

行動や考え方や話し方を常に意識し

健康的で心豊かな日々を過ごしていきます。


こちらの内容は動画でも語っています。

宜しければご覧ください。

【追記】元97㎏が教える、食事制限や運動なしでアラフォー×3年間で-30㎏以上落としたダイエット方法を無料動画で公開中!【期間限定】

何度も何度もダイエットに挫折して失敗してきたあなたへ送る!

登録はこちらから!

 

物心ついた時からスリムという言葉に縁がなく、
異性同性問わず常に
『ぽっちゃり』『デブ』といじられていました。

 

高校時代には163㎝/65kgと
普通体重にはなりましたが、
その後の社会人生活の中で
仕事や人間関係のストレスで爆食い。

これはヤバいと思って食事抜きのダイエットを1か月弱行う。

1㎏~2㎏痩せてこのまま継続しても
そこからピクリとも体重は動かない

何で痩せないのかと怒りに任せて再び爆食い

更なるリバウンド

 

 

という負のループに20代・30代は陥っていました。

そんな中、40歳目前にして到達した体重は97㎏!!

それでも私は全く危機感を抱いていませんでした。

それどころか、

  • 自分はこのままみっともない身体と共に生きていくんだ
  • そしてこのまま惨めな人生を歩んでいくんだ

そう真剣に信じてしまっていました。

 

仕事もつまらないしやりがいもなく、
人間関係もギスギスしていて付き合いたくない。

 

そして毎日目に入る
ぶくぶく太った身体に
ほとほと嫌気がさしてしまい、

何もかもに疲れすぎて
日々人生をリセットする方法を模索し続けていました。

 

 

そんな投げやりだったほうりが40歳で知ったマインドコーチング

マインドコーチングは

 

脳科学や心理学に基づいた
人間の脳の正しい使い方を理解することで、
なりたい自分になれるための
人生を豊かにする科学的手法でありツールです。

 

更には
人間関係の改善やビジネスの悩み、
更にダイエットに対しても用いられており、
現在注目を集めている画期的な方法です。

 

そのマインドコーチングについて
深く書かれているブログに出会い
興味を持った私は、

どうせ死ぬなら最後に
コーチングを応用した
ダイエットを試してみようかという
軽い気持ちで2020年5月からダイエットを開始しました。

 

すると…、

1年で約20㎏、

2年で10㎏、

3年でさらに5㎏と、今は62㎏まで落とすことに成功しました!!

 

マインドコーチングダイエットは体型だけではなくマインドも180度変えることが出来た!

太っていることで
様々なことを諦めてきた私が、
マインドコーチングを応用した
ダイエットに成功したおかげで

 

  • 着たい服を自由に選んで着ることができる喜び
  • 美味しい物を罪悪感なく食べられることができる余裕
  • 写真撮影や鏡に映ることが楽しくなった
  • 太っているからと卑屈になっていた自分と引き換えに、
    自信と自己肯定感が戻ってきた
  • 軽くなった身体とどこまでも歩いていける健康と体力

 

等のものを得られました。

 

世の中には色々なダイエットのノウハウが溢れています。
しかしそれを実行に移すだけの気力やマインドが湧かずに

 

『無理』

『できない』

『これは自分に合ったダイエット方法ではない』

『どうせ今回も外れだよ』

 

と諦めてしまった結果、
自分に合ったダイエット方法を探す
ダイエット難民になっている方は
未だ少なくありません。

 

 

ダイエットは基本的に
消費カロリーが摂取カロリーよりも高ければ痩せます。
これは古今東西ダイエットの基本中の基本です。

 

でもそれを守れるのであれば
私を始め、現段階で多くの人が
こんなにもダイエットに振り回される毎日を
送ることは無いでしょう。

 

その理由は
マインドコーチングを
学ぶにつれて明らかになってきました。

 

ダイエットジプシーだった頃の私は

 

  • 短期間で楽をして痩せればそれでいい
  • だってダイエットは辛くてきついものだから
  • 痩せた後は食べるのを我慢していた分たくさん食べるんだ

 

という、「失敗するのが前提」という
マインドありきでダイエットを決行し、

 

1か月未満で1㎏~2㎏痩せて
それ以降体重が減らなかったら

 

 

『ほら、やっぱり失敗した!』
『ダイエットなんか苦労して痩せないのが当然!』

 

 

と無意識が判断し、
食べたい物を食べられないストレスから分泌される
ホルモンからくる食欲を解消するために、
必要以上の物をバクバクと食べていたのです。

 

つまり【短期間で痩せること】に
フォーカスをしていたため、

 

体重がちょっと減っては
大量の物を食べてリバウンドをし、

 

『短期間で楽をして痩せればそれでいい』という
コンフォートゾーンに留まり続けるために、

 

目新しいダイエットを探しては
実行してすぐに諦め、
また次のダイエットを探しては諦めて
また次を探すということで、

 

『短期間で楽をして痩せればそれでいい』
という現状を維持し続けていたわけです。

 

脳の特性を知りマインドを整えることがダイエットの近道!

そんなダイエットジプシーかつ
リバウンドばかりを繰り返していた私が、
40歳にしてマインドコーチングを応用した
ダイエットを実践し、

 

辛い食事制限やキツイ運動をしないまま
3年間で30㎏以上痩せることができました。

 

今では自分が食べるべき量を把握して
自分の身体の負担にならない程度に
好きな物を好きなだけ食べることができ、

 

大嫌いだった運動を無理なく習慣化し、
毎朝鏡で自分の姿を見るたびににんまりとしてしまい
何事にも

 

『とりあえず10分やってみよう』

『面倒くさいことほど体感時間は3秒で終わる』

 

というセルフトークの元、
挑戦する精神を構築することができました。

 

辛い食事制限や
キツイ運動もないまま
苦も無くダイエットに成功するという方法は、
今までのダイエットの在り方から考えると非常識かもしれません。

 

しかし現に
ダイエットの成功とは無縁だった私が、
40歳という年齢で実行し、成功を収めたのは事実です。

 

そして今回、その非常識なダイエット方法を
無料講座としてまとめました。

 

  • 様々なダイエットを試したけど、結局上手く行かずリバウンドを繰り返す
  • 若い頃に比べて痩せづらくなってきているし、
    少し食べただけでも太ってしまう
  • 身体が徐々に重くなっていき、何をするにも億劫だ
  • 着たい服も着れないし写真にも鏡にも映りたくないそんな自分を変えたい
  • これ以上ダイエットに無駄な時間もお金もかけたくない

 

というあなたにはぜひ見てもらいたい内容になっています。

 

更に各無料動画講座の
アンケートにお答えいただいた方には、
合計6つの特典も無料でプレゼントをしています。

 

期間限定公開になりますので、
是非学んでみてください!

 

メルマガ登録後に1話目が視聴できます!

下記画像をクリックして動画講座の詳細を確認してみる
+++詳細が気になる方はこちらをクリック+++



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ 王道ダイエットへ
にほんブログ村

ダイエット日記ランキング
ダイエット日記ランキング

ダイエットランキング
ダイエットランキング

健康ダイエットランキング
健康ダイエットランキング

タイトルとURLをコピーしました