セルフトークは〇〇が大事!ジョジョ界の偉大な兄貴の名言から学べ!!

Mentor Startup Mentorship Advice  - Tumisu / Pixabay 漫画から学ぶセルフコーチングのコツ
Tumisu / Pixabay
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、ほうりです。

突然ですが私は、ジョジョの奇妙な冒険が好きです。

ジョジョ~には様々な名言を持つキャラクターが登場していて、漫画の名前やキャラクターを知らなくても『あっ!この名言聞いたことがある!!』という人は結構います。


かくいう私もその中の一人でした。


そんなジョジョ界において、ジョジョの三大兄貴と呼ばれるキャラの一人・第五部に登場するプロシュート兄貴の名言は有名ではないでしょうか?


「ブッ殺す」と心の中で思ったならッ!

その時スデに行動は終わっているんだッ

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より


このセリフにシビれて憧れる老若男女は後を絶ちません。

しかもルックスもイケメンです。


プロシュート兄貴を代表するこのセリフ、実はセルフコーチングを行う上でめちゃくちゃ使える名言なのです。


というわけでさっそく本題に入っていきます。


セルフトークは敵にも味方にもなりえる

Sunset Cloud Woman Face Direction  - geralt / Pixabay
geralt / Pixabay

その前に、セルフトークについて軽くおさらいしていきます。


マインドセットをセルフコーチングしていく上でカギを握っているのは、セルフトークです。




セルフトークは1日に4万~6万回発せられると言われています。




口に出す独り言だけではなく、心の中で思ったこと、無意識のうちに考えたことも含めてですが、その量は決して少なくはありません。




一日にそれだけの量のセルフトークが発生しているのなら、その大部分が自分を卑下するものばかりだとどうなるのでしょうか?




自己肯定感は低く、ネガティブな感情に始終支配されたままで、人生に未来も希望も見いだせない状態に陥りやすくなります。



脳は良いも悪いも関係なく、リアリティがある方へホメオスタシス(恒常性維持機能)が働きます。



そのことを知ってか知らずか、プロシュート兄貴は自身の弟分であるペッシがネガティブな自己評価を下した際は、こんな言葉を彼にかけています。


オレはオメーを信じているんだ

オレがさっきお前を怒ったことなら「自信を持て」

「自信」を持っていいんだぜ!オメーの能力をよォー

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より


この兄貴の言葉によりペッシは、物語のキーアイテムである亀を発見し、大いなる成長を遂げることになりますが、この辺はこちらで語っているので割愛します。


【関連記事】

【成長性A】セルフコーチングの理解度を圧倒的に高める、ジョジョ界のマンモーニの超有名な名言とは!?
数々の名言とスタンドバトルが有名な漫画「ジョジョの奇妙な冒険」 実はセルフコーチングには欠かせないセルフトークとして心に刻んでおきたい名言がいくつも出てきます。 今回は第五部・黄金の風に出てくる暗殺チームのメンバー、ペッシの名言を紹介します。


つまり兄貴はペッシの「勘が悪い」「期待しないでくれ」というセルフトークによって彼自身の才能を埋もれさせないように、グッドタイミングでフォローしました。


n巡した世界軸では、スパルタながらも腕のいいプロコーチとして名を馳せているに違いないくらい、兄貴のコーチングスキルはすごいと思います。


実際に兄貴にコーチングの手ほどきをしてほしいですが、兄貴は現実にはいませんし、いたとしてもペッシに掛かりっきりだと思います。


なので現実世界を生きる我々は、プロシュート兄貴のスキルを自分の物にするしかありません。


ゴール設定に向かない意外なセルフトーク

そもそもゴールを設定する時に使うセルフトークって「〇〇したい」「○○が欲しい」という言葉を使っていたりしませんか?



実はこれ、ゴール達成とは程遠いセルフトークなんです。



仮に「お金が欲しい」というゴール設定を立てたとします。



すると脳は



脳

お金が欲しい


脳

ん?今はお金が無いってことだよね?


脳

お金が無いのが自分らしいんだから変わらなくてもいいじゃね?


という、ぶっ飛んだ解釈をします。


ほうり
ほうり

心の底から巨大なお世話です


なぜこんなことになるのかというと、脳は良いも悪いも関係なく、リアリティのある方になびきやすい性質です。


加えて、ホメオスタシス(恒常性維持機能)を働かせ、コンフォートゾーン(自分が慣れ親しんだ現状であり居心地のいい空間)からの脱却を阻みます。


つまり


  • (現在お金がないから)お金が欲しい

  • (現在デブだから)痩せたい

  • (現在しがらみだらけで不自由な生活を強いられているから)自由に生きたい



といった風に、変えたいけれど慣れ親しんだ現状を肯定し脱却させまいと働いてしまいます。


ちなみに「〇〇できる」も同様に、「現在〇〇できていない」ことを肯定させ、「ならそれが自分のコンフォートゾーンなんだし、変わらなくていいよ」というように無意識が判断を下しますので、お勧めできません。



じゃあどんなセルフトークが良いのか。



それがプロシュート兄貴を代表する名台詞『ブッ殺すと思った時、既に行動は終わっているっ!』になるわけです。


ゴールにリアリティを持たせ妄想で終わらせないセルフトーク


ゴールを達成するために積極的に使っていきたいセルフトークは、ずばり「現在進行形」です。


先ほど、脳は無意識のうちに「〇〇したい」「〇〇できる」というセルフトークの裏にある現状をコンフォートゾーンだと勝手に解釈するのだと書きました。


しかし逆を言えば「〇〇している」という現在進行形のセルフトークにリアリティを持たせれば持たせるほど、

今起こっている現状に脳は「あれれ~?おっかしいぞー?」と違和感を覚えます。


脳

今お金に困らない生活をしているのに、どうしてお金に困っているのかなー?


脳

今体重も50㎏台で、着たい服を好きなようにおしゃれに着こなしてハッピーな生活をしているはずなのに、どうして冴えないデブのままなのかなー?


脳

今どこに行くのも何をするのも自由な生活を送っているのに、どうしてしがらみだらけの中で生きているのかなー?


等、リアルなゴール側の自分と現状との間にギャップを生み出します。


するとどうなるか。


生み出されたギャップを埋めようとするモチベーションが働き、現在進行形でゴールを達成している自分の方に戻っていくことになります。


プロシュート兄貴の名台詞はまさに、ゴールを達成するのに欠かせない現在進行形のセルフトークになります。


ほうり
ほうり

お金が欲しいと思ったのならっ、その時既に食うに困らないだけのお金は手元にあるんだっ!


ほうり
ほうり

痩せたいと思ったのならっ、その時既に痩せておしゃれな自分になっているんだっ!


ほうり
ほうり

自由に生きたいと思ったのならっ、その時既に金も行動も縛られない世界で生きているんだっ!


こんな風に、プロシュート兄貴の台詞をそのまま、達成しているゴールに相応しいセルフトークに置き換えてしまえばいいのです。

時には挫けてしまいそうな時もプロシュート兄貴の名言で乗り切れる!

目まぐるしく生きている中、マインドセットのためのセルフコーチングを知ったのは四〇歳を迎えた時でした。


四〇年間脳の特性を知らず
マインドセットのマの字も
セルフトークのセの字も知らなかった私が

マインドを書き換えた自分で日々を過ごすのに疲れた時もありました。


暗黒時代の私
暗黒時代の私

どうせ自分は痩せられるはずがない


暗黒時代の私
暗黒時代の私

どうせ自分は冴えないデブのままだ


暗黒時代の私
暗黒時代の私

どうせ私なんか幸せになれるはずなんてない

というネガティブなセルフトークも出てきてしまったときもありました。


そんな時も、プロシュート兄貴がペッシに向かって言った名言を自分自身にかけるよう心掛けました。



ほうり
ほうり

私は私を信じているんだっ!


ほうり
ほうり

さっき思ったことは私らしくないし、自信を持っていいっ!


ほうり
ほうり

もっと自信を持っていいんだ!

私なら何だってデキるッ!!


無理やりに兄貴の名言の型にはめた感がありますが、
概ねこんな感じのセルフトークでOKです。


ネガティブなセルフトークが出てきたら、まずは受け止めて、じゃあどうするかを考える

人類の歴史上、脳は危機的状況を回避するためにネガティブなセルフトークの方が湧き出やすい仕組みになっています。


そのためふとした瞬間にネガティブなセルフトークが出てくるのはある意味仕方が無いのです。


ですがそこで大事なのは、ネガティブなセルフトークをほったらかしにしてしまうと、脳が「やっぱりこの状況から抜け出さない方が良い」と判断してしまいます。


なのでそうしたネガティブなセルフトークが出てきたら


ほうり
ほうり

そうか、そういう風に私は思っているのか



とまずは受け止め、


ほうり
ほうり

じゃあどうしたらいい?私??


ほうり
ほうり

解決策を見つけ出さないで逃げ出すなんて私らしくないんじゃあないか?


ほうり
ほうり

もっと自信を持っていいんだぜ!私の能力をよォー!!


といった具合に、自分自身を肯定する(アファメーション)をかけることで、解決策が見つかりやすくなります。


更に強くモチベーションを生みだす、もう一つの兄貴の名言

さらにプロシュート兄貴にはこんな隠された名言もあります。


『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より


弟分のペッシが、先に討たれたホルマジオとイルーゾォの敵を討つべく、しきりに敵を倒すのだという言葉を咎めたシーン。


これもまた、セルフコーチング的に考えると、”敵を倒せていない自分”を頑なに脳に肯定させてしまうことになります。


そんなペッシの考えを払拭するかのような
この名言の前には以下の台詞が入ります。



「ブッ殺す」…

そんな言葉は使う必要がねーんだ

なぜならオレやオレの仲間はその言葉を頭の中に思い浮かべた時には!

実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだッ!

だから使った事がねェーーーッ

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より


現状の外側の自分に臨場感を持たせるには、まさに兄貴の言う通りなのです。


ゴール側の自分はやりたいことをやって、人に気兼ねすることなく好きなことを行い、身も心も懐も満足している世界で生きています。


その世界からすれば、お金に困らない生活をしていることも、痩せて着たい服を着こなしていることも、自由自在に生きていることも叶えられているのです。


そんな何もかもを叶えている自分が


暗黒時代の私
暗黒時代の私

今月も金欠でカツカツです


暗黒時代の私
暗黒時代の私

デブで着る服が無い


暗黒時代の私
暗黒時代の私

人間関係がとにかくクソ過ぎてしんどい


いう言葉自体出てくるはずがありません。


どうしても現在進行形にするコツがつかめない場合は、実際にゴールを達成しちまっている自分を思い浮かべて、こういうセルフトークにしましょう。


ほうり
ほうり

痩せたっ!



ほうり
ほうり

おしゃれになって垢ぬけたっ!


ほうり
ほうり

お金に恵まれ続けているっ!


ほうり
ほうり

自由な時間を手に入れてやりたいことをやり続けたっ!


言い切ることでかえってゴールを達成した自分を強くイメージできますし、その分現状とのギャップを埋めるモチベーションが働きやすくなります。


まとめ

いかがでしたか?


プロシュート兄貴は確かにペッシに厳しいですが、彼自身を否定することなく、彼の才能を認めて、彼を肯定し続けていました。


そんなプロシュート兄貴推しのあなたは、彼の名言を心で理解し、少しでもゴールを達成した自分に一歩でも近づいてみましょう。


追記

ちなみに私は今まで

  • 「できない」
  • 「わからない」
  • 「無理だ」
  • 「めんどうくさい」
  • 「ダメだ」

というセルフトークを
使っていたことに気づき、
これらのセルフトークを手放す代わりに

めんどうくさくて
無理でわからなくて
できないと感じるものほど
取り掛かれば3秒で終わる!!

というセルフトークに変えて取り入れるようにしました。

そしてこのセルフトークを繰り返した頃に、
実際に面倒くさい作業に取り掛かってみると、
本当に面倒くさい作業ほど
あっさりと終わるようになります。

しかも面倒くさくて無理だったりすることは、
ゲームに例えれば
中ボス的な手ごわさがあるのですが、
実際に体感時間3秒で片を付けたと
脳が実感すれば

脳

なんだ、全然あっさり終わるじゃん♪

という成功体験が積み重なっていき、
さらにそれに伴ったセルフトークも
どんどん湧いてくるため、
モチベーションややる気がみなぎってきます

【関連記事】

【成長性A】セルフコーチングの理解度を圧倒的に高める、ジョジョ界のマンモーニの超有名な名言とは!?
数々の名言とスタンドバトルが有名な漫画「ジョジョの奇妙な冒険」 実はセルフコーチングには欠かせないセルフトークとして心に刻んでおきたい名言がいくつも出てきます。 今回は第五部・黄金の風に出てくる暗殺チームのメンバー、ペッシの名言を紹介します。


【追記】元体重97㎏が教える、3年で-34㎏落としたマインドコーチングダイエット方法をメルマガにて絶賛公開中!!

何度も何度もダイエットに挫折して失敗してきたあなたへ送る!

登録はこちらから!

 

こちらでは、マインドコーチングを応用したダイエットの方法や考え方についてのメルマガを配信しています。

 

物心ついた時からスリムという言葉に縁がなく、異性同性問わず常に『ぽっちゃり』『デブ』といじられていました。

 

高校時代には163㎝/65kgと普通体重にはなりましたが、その後の社会人生活の中で、仕事や人間関係のストレスで爆食い。

これはヤバいと思って食事抜きのダイエットを1か月弱行う。

1㎏~2㎏痩せてこのまま継続してもそこからピクリとも体重は動かない

何で痩せないのかと怒りに任せて再び爆食い

更なるリバウンド

という負のループに20代・30代は陥っていました。

そんな中、40歳目前にして到達した体重は97㎏!!

それでも私は全く危機感を抱いていませんでした。

それどころか、

  • 自分はこのままみっともない身体と共に生きていくんだ
  • そしてこのまま惨めな人生を歩んでいくんだ

そう真剣に信じてしまっていました。

仕事もつまらないしやりがいもなく、人間関係もギスギスしていて付き合いたくない。

そして毎日目に入るぶくぶく太った身体にほとほと嫌気がさしてしまい、何もかもに疲れすぎて日々人生をリセットする方法を模索し続けていました。

 

 

そんな投げやりだったほうりが40歳で知ったマインドコーチング

マインドコーチングは

 

脳科学や心理学に基づいた人間の脳の正しい使い方を理解することで、なりたい自分になれるための人生を豊かにする科学的手法でありツールでもあります。

 

このマインドコーチングは人間関係の改善やビジネスの悩みに、更にダイエットに対しても用いられており、現在注目を集めています。

 

このマインドコーチングに興味を持った私は、どうせなら死ぬ前に試してみようかという気持ちで2020年5月から色んな意味での最後のダイエットを始めました。

 

すると…、

1年で約20㎏、

2年で10㎏、

3年でさらに5㎏と、今は62㎏まで落とすことに成功しました!!

 

マインドコーチングダイエットは体型だけではなくマインドも180度変えることが出来た!

太っていることで様々なことを諦めてきた私が、マインドコーチングダイエットをしたおかげで

 

  • 着たい服を自由に選んで着ることができる喜び
  • 美味しい物を罪悪感なく食べられることができる余裕
  • 写真撮影や鏡に映ることが楽しくなった
  • 太っているからと卑屈になっていた自分と引き換えに、自信と自己肯定感が戻ってきた
  • 軽くなった身体とどこまでも歩いていける健康と体力

 

等のものを得られました。

 

世の中には色々なダイエットのノウハウが溢れています。

しかしそれを実行に移すだけの気力やマインドが湧かずに

 

『無理』

『できない』

『これは自分に合ったダイエット方法ではない』

『どうせ今回も外れだよ』

 

と諦めてしまい、結果、自分に合ったダイエット方法を探す流浪のダイエット難民となってしまっているのです。

 

 

ダイエットは基本的に消費カロリーが摂取カロリーよりも高ければ痩せます。

これは古今東西ダイエットの基本中の基本です。

 

でもそれを守れるのであれば、私は最初からダイエットを必要としていない生活を送っていたはずなのです。

 

そしてそうなっていた理由はマインドコーチングを学ぶにつれて明らかになってきました。

 

つまりダイエット難民だった頃の私は

  • 短期間で楽をして痩せればそれでいい
  • 痩せた後は食べるのを我慢していた分たくさん食べるんだ

というマインドありきでダイエットを決行し、1か月未満で1㎏~2㎏痩せてそれ以降体重が減らなかったら『楽じゃない』と無意識が判断し、食べたい物を食べられないストレスを解消するために、必要以上の物をバクバクと食べていたのです。

 

つまり痩せることにフォーカスをしていたため、体重がちょっと減っては大量の物を食べてリバウンドをし、『短期間で楽をして痩せればそれでいい』というコンフォートゾーンに留まり続けるために、目新しいダイエットを探しては実行してすぐに諦め、また次のダイエットを探すということを繰り返していたということです。

 

脳の特性を知りマインドを整えることがダイエットの近道!

そんなダイエット難民かつリバウンドばかりを繰り返していた私が、40歳にしてマインドコーチングダイエットを実践し、辛い食事制限やキツイ運動をしないまま3年間で30㎏以上痩せることができました。

 

今では自分が食べるべき量を把握して相変わらず好きな物を好きなだけ食べることができ、大嫌いだった運動を無理なく習慣化し、毎朝鏡で自分の姿を見るたびににんまりとしてしまい(笑)何事にも前向きにとらえることができる性格を構築することができました。

 

辛い食事制限やキツイ運動もないまま苦も無くダイエットに成功するという方法は、今までのダイエットの在り方から考えると非常識かもしれません。

 

しかし現にダイエットの成功とは無縁だった私が、40歳という年齢で実行し、成功を収めたのは事実です。

 

ですのでこのメルマガは、

 

  • 様々なダイエットを試したけど、結局上手く行かずリバウンドを繰り返す
  • 若い頃に比べて痩せづらくなってきているし、少し食べただけでも太ってしまう
  • 身体が徐々に重くなっていき、何をするにも億劫だ
  • 着たい服も着れないし写真にも鏡にも映りたくないそんな自分を変えたい
  • これ以上ダイエットに無駄な時間もお金もかけたくない

 

という方々に向けて発信しています。

 

このメルマガを購読し、ダイエットマインドを構築してなりたい自分になるための近道をしてみませんか??

 

 

 

辛い食事制限とキツイ運動無しで痩せられるストレス知らずの非常識ダイエットについてのメルマガ登録はこちらから!





※GmailもしくはYahoo!メールを推奨しています。
※「@houry40diet.com」からメールを送りますので、メール受信をできるように設定をお願いします。
※メールマガジンは、いつでもメール内のURLから解除できます。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守いたします。


ダイエット日記ランキング
ダイエット日記ランキング

ダイエットランキング
ダイエットランキング

健康ダイエットランキング
健康ダイエットランキング

タイトルとURLをコピーしました